花

0歳から家庭教師

家庭教師の歴史は、意外にも古く明治時代からあったと言われています。当時は学校教育が義務づけられていましたが、高額な教育費だったため中々就学率が上がらない時代でした。その時代の家庭教師は、限られた裕福な家庭の子どものために雇われていました。今でもこの昔からの家庭教師という存在が根付いているのは需要があるからでしょう。家庭教師と聞いて、小・中・高生の学力UPや志望校への合格を目的として机に向かわされるような息苦しいイメージをお持ちではないでしょうか。

現在では、インターネットなどで個人契約などを斡旋・仲介するサイトなどがたくさんあり、その利用者も増え続けています。実際に家庭支出の全国統計を見てみると、家庭教師等の費用でもっとも多いのが中学生で、平均3万円ほどでした。驚いた事に、統計をみると幼稚園児での平均支出がなんと4000円を越えていたのです。時代は大きく変化しており、小・中・高・大学の受験のためだけなどではありません。今では0歳から家庭教師を雇う親御さんもいるほどです。

幼稚園受験のためや小さい頃からネイティブな外国語の発音に耳を馴れさせておきたいなどと生まれたばかりの我が子に教育を受けさせてあげるなど多種多様です。今後、家庭教師や学習塾の利用を考えている方がおられると思います.愛する我が子のために親御さんは家庭教師のメリット・デメリットを把握し、お子さんのためにも良い学習環境を整えてあげてほしいです。